massimo企画

更新怠りました。もちろんワールドカップのせいです。というわけで伊vs豪は見ずに
御送り致します。1週間以上前ですけど、これ行きました。

6月16日(金) @ 下北沢251
massimo presents[Re;ism]
adv/door 2000/2300 open/start 18:00/19:00
massimo
54-71
sgt.
henrytennis


マッシモ企画ですね。Tristeza、Saxon Shore、Make Believe、Minus The Bearなどの
前座を経験し、実力と名前はうなぎ登り? 先日のCRJイベントの打ち上げで
K君と四ッ谷友の会を結成した僕は行くしかありませんでした。
ま、このブログでヘンリーテニスの名前は良く出てくるし、他のバンドもすげーので
見に行くしかないのです!(赤犬アキラ氏風)

recommuniの仕事を切り上げ、7時前にシェルター到着。henrytennisに
間に合う。henrytennisは日本で5番目くらいに忙しいドラマー通称ビスタを
要するバンド(僕の周りの人しかわからないですね)で、2ドラム。
ポストロックっちゃポストロック的なんですけど、そこにグルグルのグルーブが
ガツンと加わってきます。ROVO的なグルグル。トランシーですね。ジャムの
要素もあるし、サイケデリック。外で見たい、そしてビールを飲みたくなる
バンドですね。とてもよかったです。

次にsgt.です。ヴァイオリンのお姉さんが綺麗なバンドです。4人組インストバンド。
アグレッシヴな曲の中にヴァイオリンが持っている琴線の音色が流麗さを存分に
発揮してくれます。やはり壮大なオーケストレイションは圧巻です。
以前タワレコでアコースティックライブを見たのですが、そちらも素晴らしかったです。
メンバーが参加している旅団もよろしく。

ネクスト54-71。会社の人が54-71のモノマネが巧すぎて速く見たかったんです。
why?来日公演で見たばかりだったんですけどね。やはり、この隙間、音の隙間。
緊張感とはまた違うんだよなといつも感じますけど、無って恐ろしいですね。
狂気です。ドラム凄かったです。さらっとやってしまうところがカオス。

b0103784_1332973.jpg


企画者のmassimo。2ギター4人インストバンド。この手のインストは静と動で
繰り返して終わり。というような単調なバンドが多いけど、マッシモはそうではない。
常に攻撃的にあわせてきます。加えてメロディーセンスとアンサンブルは秀逸。
とてもよく練られています。年内には音源が発売予定ということで楽しみ。

とにもかくにもいいイベントでした。今後に期待しています。
勿論ライブ後のビラ配りは怠りませんでした!

次回は高田漣さんの特集でいきますよ~。
[PR]
by recommuni | 2006-06-27 01:36 | 雑記
<< 中村達也とのコラボ ジーコのいけてない☆ルージュ・... >>