5/31 SHOWNEN 最速?レポ(king brothers,bed,climb the mind,lostage)

まさかライブで奈良に行くことになるとは・・・。この日は壮絶に歩いたのでした。
3時間くらい。馴れない靴のせいで次の日は筋肉痛。ひ弱。
以下、レポート長いです。





10時、梅田に用があったので、雨降ったり止んだりの中を歩く。
いつも思うのですが、こっちはデカい横断歩道でも隙あれば
渡っちゃう輩が多くないですか?
東京では見なかった光景で、ビビります。特にチャリ乗った
おっさんが多い気がする。いつかひかれる瞬間を見れそうな気がする。


そんで、用を済ませ、面白そうな展示を見に国立国際美術館へ。
相変らず迷う。淀橋と肥後橋をグルグルと。疲れ果てて到着。
この美術館は地下にあるのですね。かなり広いです。
メインの展示は「液晶絵画 - Still / Motion - 」です。映像系の展示。
森美術館で見たビル・ヴィオラやブラーでお馴染みのイラストレーターである
ジュリアン・オピー、ブライアン・イーノなどなど。
中に入ると、それなりの人でしたが、余裕を持って鑑賞できました。
なかなか興味深い作品が多くて楽しめました。
ヤン・フードンの作品、ウサギが腐っていく超高速の映像とかにビビりつつ。
しっかし、ビル・ヴィオラの超スローモーション映像は感情豊かですね。
超スローモーションって技法はtha社がHELVETICA(FONT)を水の中に
落とす
ってのをやってたけど使えそう。制作に反映させていきたいところです。
パクリじゃないですよ。。。インスピレーション。

国立国際美術館
b0103784_13293480.jpg



で、この展示は6/15まで、関東では写真美術館で8/23からやるみたいだから
興味ある方は行ってみては?


そんで色々と用を済ませ、奈良へ。奈良は2回目。高校生以来でしょうか。
電車では小学4年生の4人組が地べたで勉強、携帯でゲームと何だか
すごい光景(普通か?)を目にし、果たして自分が4年生のドリルの問題を
解けるのか不安になりながらも到着。奈良はそんなに遠くなかったです。


ライブハウスは新大宮(奈良から1駅)でしたが、とりあえず奈良で降りて、
公園へ行く。やっぱり鹿はいましたが、せんと君はまだいませんでした。
残念ですが、まんと君はありきたりすぎるので、せんと君の方が好きだなあ。

奈良公園
b0103784_13285974.jpg


奈良駅の広場にはコブクロ、ゆず系の立ち弾き語り系中高生がいて、
よくわかんないけど、B-BOY系の中学生みたいのが混じっていて
「こういうのどこにでもいるんだな~」と思いながら歩いて新大宮に行く。
途中の踏み切りは止まって左右確認しなきゃならないやつで、
ここでひかれたら終りと思いながらダッシュで渡る。
あんまりこの様な踏み切りに遭遇したことがなかったからビビる。
カーブになってる踏切だから電車が近くに来ても見えないし、
とか思いながらひたすら歩く。するとブックオフが300メートル先に
あるよ、という看板を発見。


ブックオファーの血が騒ぎ出す!!で、まさかの入店。
ここはハードオフで、楽器とかも売ってた。この形態の店は
2店目でした。確か川崎店だったかな、服売ってました。
そしてCDコーナーへ。お決まりの750-250円コーナーへ。
僕は250円のCDしか買わないのですけど、ここは500円以下の
CDが無くて、そんで、いいのがなかったわ、あと15分で開演だわで
退散。奈良店攻略ならず。急いで店を出て向かう。
3分後、奈良ネバーランド到着。で、初めて「ライブハウス」って
名前がピンと来る作りのところに来たと思った。
まさにハウスでした。お客さんは明らかに自分より若いな~と
思いながらチケットを求める列へ。自分が歳取ったのね。

奈良ネバーランド
b0103784_1330569.jpg



ここでLostageの五味兄さんを発見。挨拶を交わすと兄さんも
ブックオファーだという情報を。後でbedの山口君とも話したけど
彼もブックオファーで、京都周辺は大学付近のブックオフがいいという
情報を入手。学生が売りに来るのだとか。


アイアムブックオファーとしては行かないとなあ。
関東のブックオフはかなり攻略したので、その辺を書いておきますか。
今まで行った中で熱い店は鶴見、蒲田、新大久保、靖国通り店とか。
まあ、自分の住んでいる付近ですのでよく行きました。
逆にヘボは高田馬場。何で本にビニールしてるわけ?
立ち読みできません!あと綱島はCDの最低料金が500円だったな。
5年も前の話なので、今はどうかわかりません。


何故ブックオフか?

これは興味深い問題ですね。僕がよく買うのはCD、現代思想、ユリイカなどの
文芸雑誌、新潮45、美術批評、スタジオボイス、岩波文庫100円コーナー、
最近はウェブ関連の書籍。ブックオフは20%オフ、500円のCD3枚で1000円、
雑誌半額などを実施しているので、そういう時は一気に購入。激安。
マンガは買わないですね~。もっぱら立ち読み派になってしまった。
イキガミは面白かったです。あとはレッドとか読んだ。


ブックオフでCDを買う理由。そうそう、ユニオンとかレコード屋に行けば
いいものが見つかるのは当たり前です。だからこそブックオフで見つけたときの
感動がたまんない(くだらねえ~)。ブックオフの膨大な中古CDに埋もれた名盤を
見つけたときの爽快感・・・。いやー、ホント膨大だから疲れるんですよね。
250円でしか買わないもんだから、以前、良盤を500円以上で発見して、250円に
値下がりして大喜び(せこいです)。でも僕以外誰が買うんだみたいなやつだから
以前発見したものが無くなってたときはショックでした。例を挙げると、
Nada Surf(500円)、Edge of Spiritimmortalityのスプリット(750円)。
これ誰が買ったんだか・・・。


失敗も多々ありで。250円だから買ったメリーメーカーズとスーパーグラス。
家帰ったらどっちも持ってました。まあ、メリーメーカーズに関しては
ジャケ違いというセコい戦法でしたけど・・・。


1枚持ってるけどキウイロールを発見し、救い出したい衝動にかられ購入した
という経緯もあります。知人に譲りました。


で、もはや自分はブックオフの達人の域に達したと思うようになったのですが、
CDを見つけるときはアーティスト名で探すのでなく、レーベル名、品番を
見てるんですね。レーベル名は大事ですね~。知らないアーティストでも
レーベル見て買っちゃう。たまにKレーベルとかバッドニュース、
Touch & Goなどがブックオフにあるもんだから。Fコーナーに
Further Seems Foreverがある予感がして、本当に発見したときの興奮は
ヤバかったなー。ボーカル変わる前のやつだったからOK。
あとは大友良英やふちがみとふなとの船戸博史などが参加するDAYTONA
見つけたときは。。。このバンドは全く知らなかったけど、CDの裏面に
強烈メンツの名が連なっていたので即購入しました。


品番から探す方法は・・・、CDにはABCD-1234みたいなのが付いていますね。
あれを見ます。僕はP-VINEをよく探したり。P-VINEはPCD-1234とかなので。
ただし、P-VINEは2001年くらいに暗黒の時代(笑)があるので、よく考えて
購入を。ラウドミュージックや、変なヒップホップが混ざっているのです・・・。
買って失敗したやつあります・・・。ってなわけで、ブックオフを侮っては
いけません。初物買いはいつもブックオフっていう私はアホですが。


さて、話は戻ってライブへ。この日のメンツは


king brothers
bed
climb the mind
lostage


で、どんだけ楽しみにしていたことか。ライブハウス自体は200人くらいの
規模で、人はかなり入っていました。一番目はking brothers。
全然聴かなくなっちゃったけど、高2のときはキンブラすごく好きで、
よく聴いてました。彼らはLD&Kでした。当時、'elseってバンドの
追っかけをやっていた僕は彼らがLD&Kだったのでレーベルを
好きになったのですね。今のLD&Kは正直しょっぱい気がするけど、
当時のメンツといったら、それは良く聴いてました。
シンバルズ、ロボショップマニア、ハウスプラン、yes,mama ok?など。
ああ、懐かしい。そんな中でキンブラ。ミッシェルガンエレファントが
好きだったので「東のミッシェル、西のキンブラ」のキャッチコピーに
即飛びつき。うまいキャッチコピー考えたもんだな。

星盤までは購入し、それから聞かなくなっちゃったわけだけども、
ライブでは僕が知っている曲もやっていました。10年前の曲を
やるって、バンドとしてすごいなあと。偉いです。10年早いですね。
LD&Kからダイレクトメール(はがき)来てた時代ですからね。
ダイレクトメール嬉しかったなあ。家に取ってあります。
で、終いにはドラムなどを客席におろして演奏してました。
パワーはすさまじかったし、客を寄せ付けるパフォーマンスは
10年選手の貫禄。マーヤさんはザブングルにしか見えなかった
わけだけども。懐かしさ満載なライブでした。


ここで小鳥美術館の島さんに遭遇。名古屋からは5人くらい
来ているみたいでした。小鳥美術館のリリースが待ち遠しいです。
7月に関西でライブするらしいとのこと。駆けつけたいっす。


続いてbed。アルバムも素晴らしかったわけだが、演奏もこれまた
冷めた中に熱があって、ギターのユニゾンとか素晴らしい。otoshimono最高。
見るのは昨年8月のmodlung企画以来でしたが、これまた良くなってました。
また見に行こう。山口君とメンズウェア話が出来た。タナソウが見捨てた
バンドのメンズウェア。あの辺のUKロックはヘボいのもUKだからって
ことで取り上げられていたので、自分も騙されて随分購入しました。
特にジーンとかヘボいです。高校生のお金を何だと思っているんだ~!!


話がそれましたが、climb the mind。1月の東京以来。素晴らしい新作、
いや、ホントにかなり聴いています。それに何もしていないに等しいのに
新作のCDには僕の名前を入れてくださったりと。。。感無量です。
CDの全曲レビューをやろうやろうと思っていて、時間ばかり経ってしまったので
近々掲載します。ライブですが、新作から5,6曲と「サブカルチャーエンジニアリング」
だったか。最後は「他愛ない告白」。いやー、「給水塔の前で待ってて」でうるんで
しまった。沸々とこみ上げてくる感情ってこれだなーと。
終わって、山内さんに挨拶。Tシャツ購入。バッチもらいました。ありがとうございます。
どうやらDO ITに出演するということで。今年はすごいですね。知人も沢山出る
ようですし、駆けつけたい。


続いてlostageでしたが、時間の都合で「Red」「こどもたち」しか見れず。
情けない・・・。もったいない!!新曲と「手紙」聴きたかったなあ。
用があった自分がアホです・・・。泣く泣く退散。山内さんとも後で話す予定
だったのに~。最後はしょーもないライブレポでした。


奈良でやるってとても重要なことだと思いますので、また駆けつけたいと
思います。奈良からいいアーティストが沢山出ることを願っております。
以上、久々のブログでした!
[PR]
by recommuni | 2008-06-03 00:40 | 雑記
<< レコミュニがリニューアルルル~!! ウェブサイト[Italia] >>