<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バナナマンが歌詞書いてる

ワールドカップが終わってつらつらと書き込もうかなと思っていましたが、最後の最後でジダン!
ということで書いては見たものの薄っぺらい論評どまりになってしまい、未完成でかなりの
長さなので公開断念。一言だけ。移民のサッカーって美しいです。


そうそう、レコミュニでは最近不思議なトップチャートが出ています(いつもおかしいランキングだけど)。
北朝鮮のミサイル発射にあやかってComedy Club King / テポドン音頭 がずーっと1位で、
更に Comedy Club King / テポドン音頭 (西朝鮮バージョン)が5位くらいをふらふら。

正に怪奇(回帰)?現象で。この機会にどうぞ~

で、北朝鮮が日本に撃ってきたとして、ヒットしたとしましょう。たぶん真先に死ぬのは僕ですねえ。
何故なら家の前が防衛庁。ちなみに申し込めば見学も出来ます。一回行ってみたいものです。
北は何を考えているかさーっぱりわかりません。うーんと、ちょっとはわかるけれども。
でも世界を相手にしたら絶対的戦力はどー考えても独裁主義国アメリカンには勝てないし、
ユーロが結束してやられちゃうし、インドが一発ぶち込めば終わりで。日本は無くなっちゃうけども
世界がなくなるよりはましかもしれません。僕らは悲劇の犠牲者です。覚悟しときましょ~。
で、核だから確実に死にますよ。そんでですねえ、日本はたぶん核持ってます。
防衛庁の地下か、国会議事堂の地下に基地があります。それは地下鉄から行けます。
たぶん大江戸線です。ドラゴンヘッド!!!

でもシェルターとかないと普通にやばいと思います。核戦争になったら(なるんだけど)、
逃げ道はないけど、政治家は生き残ります。食糧倉庫もちゃんとあるから。
あー、核を持つことこそ抑止力的な世界観を北は持っているのだろうかあ。

一発でどっちもやられちゃうのに。人間は自ら滅びるんですよね。これは絶対。
核同盟を結ばれたらすごく恐いですね。じゃ、その前に Comedy Club King
聴いておいてくださいね。ではでは!

あ、歌詞はバナナマンが書いてます。ヒモのネタが好きです。
[PR]
by recommuni | 2006-07-18 23:28 | 推薦曲

高田漣さん


■ recommuni的! 特集 ~高田漣~ 


さてさて、以前書くと言っていたのに書かずじまいだった高田漣さんについて書こうと思います。
recommuninowgomix Recordsと契約を結んでいますので、配信することが可能なんです。
nowgomix Recordsの関係者様、及びにアーティストの皆様には感謝しております。
とても素敵なレーベルですね。




■ ライブに行く


何故、高田漣さんについて触れようとしたかと言えば、recommuniで配信可能になったからという理由と、
ライブを見に行ったからです。sakerock星野源さん(これまた素晴らしい歌い手さんです)+高田漣さんが
神楽坂でライブして。5月20日だったかな。開演ぎりぎりで着いたら会場が座り席だけだったために満員で座れず、
スタッフに案内され一番前にシート敷いて座ることに。

なんと、ペダル・スティール・ギターの目の前に! 
そうです、高田漣さんはペダル・スティール・ギター奏者です。あれですね、ハワイと相性がいいやつ(笑)。
Fender製しか見たこと無いんですけど他にあるんですかねー?
石橋楽器とか行くとよく置いてありますよね。一度やってみたい! 



ライブの方は目の前で見ただけあって、感動というよりも吃驚しました。繊細だけど、そこには
ダイナミックな動きがありました。手さばきも見事でしたが、むしろ足さばきが目に焼きつきました。
「ペダル~」と呼ばれているだけに、足は重要なんですね。僕はライブ終了直前に何故かsakerockに
花束を渡すという大役を任され、終いには終演後に一人で楽屋に突っ込み、再度花束を手渡ししました(笑)。
ちなみに僕はなーんも関係なく、ファン代表? の方から「渡していただけませんか?」と謎のお願いをされ、
快く承諾したのでした。




■ 高田漣さんのペダル・スティール・ギターの音について



まずはとっても不思議な音ですよね。エフェクトをかけているのかもしれませんが、掴み所の無い音というか。
ふわふわしているようで、でも地にしっかり根付いている音というか。
漣さんの曲は大半がカヴァー曲ですが、どの曲にも素晴らしい響きを与えてますね。
時間と音が緩やかに、かつ美しい曲線を描き、安らかなひと時を提供してくれます。
父上は言わずと知れた高田渡氏です。
渡氏も素晴らしいアコースティック・ギターを弾きますね。「日曜日」って曲が好きです。
渡氏の特集をbounce.comがやってますので見てみてください。漣さんのコメントも多々ありますよ。
渡氏の「自衛隊に入ろう」を渋さ知らずズがカヴァーしていて、こちらの曲もレコミュニで配信しています。
ぜひ聴いてみてください。




■ 高田漣さんの最近の活動



クラムボンハナレグミアン・サリーなどの作品参加、夏にはフジロックに出演も決定、
サケロックの進化系?サケロックオールスターズ『トロピカル道中』に一メンバーとして参加してます。
この作品はチャゲアスの飛鳥のカヴァーもあるとか・・・。すごい事になってそうですね。8月9日発売です。たのしみ! 
もちろん新バンドHands of Creationもチェックですね。6月21日に出た『Hands of Creation』よさそうですねー。
僕もまだ聴いてないんですけど、南の空気が溢れんばかりです。夏っす。
7月15日に新宿タワレコでインストア・ライブ!



recommuniは会員制ですので入りたい方はこちら↓を参考にしてくださいね。実は誰でも入れます(笑)!

http://recommuni.exblog.jp/m2006-05-01/#4762126






■ recommuniのお勧め!   [Link先で配信中!]


高田漣 / For you (FUMIO ITABASHI)
『Wonderful World』収録曲。一切の無駄を切り取り、ほぼ漣さん一人の演奏です。
ペダル・スティール・ギターにとことん触れたい方や、初めて聞く人にお勧めの1曲です。

高田漣 / Sparko's Rumba
『RT』収録曲。冒頭の不思議と不安げな感覚と、軽快なリフが見事に絡み合った曲。
ペダル・スティール・ギターの音の変化を味わいたい人にお勧めです。

高田漣 / DIDN'T WANT TO HAVE TO DO IT (JOHN SEBASTIAN)
ファースト・アルバム『LULLABY』収録曲。JOHN SEBASTIANのカヴァーです。緩さ、気持ちよさ、心地よさは完璧。
晴れた日は草むらに寝っころがって聴けば至上の一時になることは間違いなし!

渋さ知らずズ / 自衛隊に入ろう
父上高田渡氏のカヴァーをしたのが渋さ知らズ。今年エイベックスから『渋全』が出ましたが収録されてます。
とにかく力がみなぎる1曲。渋さがイラク自衛隊派遣前に出した1曲です。



かなり気合を入れて書きましたが、いかがでしたか? 
上記の3曲はレコミュニで配信しておりますので是非聴いてみてくださいね。とってもよい曲です。

高田漣さんの曲はレコミュニで33曲配信しております(『LULLABY』『Wonderful World』『RT』収録曲)

各曲120円となっております。ぜひぜひ!
ちなみにレコミュニは悪の主である(いやいやホントに)コピーコントロール機能は一切使ってないのでご安心ください!

ではではワールドカップが終わったあたりに書きますのでのぞいてみて下さいね。


[PR]
by recommuni | 2006-07-08 02:40 | 新着配信

中村達也とのコラボ

高田漣さん特集はしばし待たれよ…。すんませんです。

ところで……、


ようやくTEASIのニュー・アルバム『壁新聞』発売になりましたね~!
僕も土曜にタワレコで買いましたよ。いやあ、これは大作!
音の隙間こそ狂気。狂気。狂気。で、優しさがある。早くライブが見たいです。
ホームページもオープンしたようですよ。

http://www.teasi.net/

前作『人間の裸』収録曲がレコミュニでダウンロード出来ますので、
試しに1曲、2曲、3曲…どうでしょうか?気に入ったらCD買っちゃいましょう。
手始めのお薦めダウンロード曲は「しきつめた花」です。
フィッシュマンズを感じさせますが、そこに恐ろしいまでの隙間と音が交錯。
すばらしい1曲。リピート、リピート、リピート。聴いてみてください。




次はサッカー。ポルトガル!次はベストメンバーでフランスに望めますね。
すさまじい試合になりそうですね。ジダンは負けたら最後だし、フランスは
持っている力以上のものを出しそうです。フランスも大好きなんですが、
決勝でクリンスマンとスコラーリのリアクション対決が見たい私としては
ポルトガルですかねー。ま、3位決定戦でもいいや。




お次は最近行ったライブ。ここ2ヶ月くらい週に1回以上はライブ行ってます。
学生のときより増えましたね。自分でもおかしいくらい。まずは木曜日に
オーストラリアのDirty Three!!ソニックユースも大絶賛らしいですよ。
場所は渋谷LUSH
外人さんがいっぱいいて、日本語わかる外人さんがDirty Threeの
MCを通訳してくれたんですけど、MCがNG連発で通訳しきれてなくて
おもしろかったです。困った外人さんが「恥かしくて訳せないよ」って
言ってましたもん。しっかし、すさまじい音圧でしたねー。バイオリンが
ギターかってくらい唸りをあげてました。そういえば、去年の4月にギターの
人だけArt Of Fightingのライブに出てましたね。ベースの人の夫で着いてきてた
のです。あの時もよかったなあ。オーストラリアは意外といいアーティストが
沢山いますね。Youth Groupとかめっちゃ良い。

あとは日本人アーティストが2組出ました。久々Tenniscoats。今回はキーボ、ギター、ボーカルの
3人編成。曲がかわいいです。こんな曲を作曲できるのか、いや自分には出来ない(笑)。
加えてギターは独特なんですよね。マネ出来ません!センスよろし。外人さんも拍手するわ。

企画者の4 bonjour's parties。最後から2曲目が(題名わかんないんですが)いつ聴いても
名曲。名曲。名曲。大人数バンド一度やりたいです。みなさん声よすぎです。

で、いつものようにレコミュニビラ配りしてたんですよ。そうしたら、腕にいかちいタトゥー
入った人が階段上ってきたんです。あわわ、と思いながらビラ配りました。配った瞬間
顔を見たんです。ななな、


中村達也!!


さんじゃあないですか。ここで私は思いました。


「レコミュニと中村達也のコラボ」


と。ええ、思うのは勝手なんですよ。でもビビりましたねー。ビラをもらってくれた
達也さんの優しさにも感動しました!




そんなこんなで土曜は会社の人に連れられ、下北沢eraへ。すんげえ久しぶりに
行きました。

7/1 ERA 下北沢東京
-Soldateska vol.3-
soldat "3rd ep die zeremonie" release tour final

Open/Start18:00/18:30
Adv/Door1800yen/2000yen

act
・reach up to the universe
・revival sleep (神戸)
・soldat
・the pencil shop on the 2nd floor
・the court
・BGM metalpark (shindo from sequence pulse,who is praised by pele)

どれも見たこと無かったんすけど、revival sleepかっちょよかったなあ!このバンドは7月末に
4way splitを出すバンドの1組でしてのこりは、sora(八王子)folio(神戸)forget me not(愛媛)という
すんごい激的なメンツ。

8月のツアーは見に行こう。
[PR]
by recommuni | 2006-07-03 03:11 | 雑記