<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「日本国民に誇り」93%?

今朝の読売新聞で1面に載ってた記事ですが、

「日本国民に誇り」93%で過去最高…読売調査

日本国民であることを誇りに思う人は93%に達し、「国の役に立ちたい」と考える人も73%に上ることが、読売新聞社の年間連続調査「日本人」で明らかになった。


 いずれも過去の本社調査と比べて最も高い数値となり、戦後60年余りを経た今の日本人の「国家意識」の高まりがうかがえた。連続調査は、本社の毎月の世論調査が1978年3月の開始から今年で30年を迎えるのを機に、過去の調査結果とも比較し、変化を探るものだ。その1回目となる今回の調査は、「国家観」をテーマに12~13日に面接方式で実施した。

 今回、日本国民であることを「非常に誇りに思う」と答えた人は55%で、「少しは誇りに思う」は38%だった。「誇りには思わない」は6%に過ぎなかった。本社調査では同じ質問を1980年、86年、95年にも行っており、「非常に」「少しは」の合計は91%(86年)、「非常に」は54%(80年)が最高値だったが、今回はいずれもこれを上回った。

 「日本の国や国民について、誇りに思うこと」の具体的内容を複数回答で選んでもらったところ、「歴史、伝統、文化」を挙げた人が72%で最も多く、「国土や自然」43%、「社会の安定・治安」「国民性」(各28%)などがこれに続いた。86年の同様調査と比べると、「歴史、伝統、文化」が19ポイント増えた一方、「教育・科学技術水準」が22ポイント減の19%、「経済的繁栄」が17ポイント減の19%に落ち込んだのが目立った。

 「国民の一人として、ぜひとも国の役に立ちたい」との考え方については、「そう思う」が73%だったのに対し、「そうは思わない」は20%だった。2005年の同様調査ではそれぞれ68%、28%で、国への貢献を前向きにとらえる意識が強まったことがわかる。

 政府のあり方について、「小さな政府」と「大きな政府」のどちらを望むかを尋ねたところ、「小さな政府」を選んだのは38%で、「大きな政府」の33%を上回った。
(2008年1月24日22時59分 読売新聞)



一方で1面に載る右の記事は

文化財に落書き・破損被害、25都府県45件で確認


 国や都道府県指定の文化財が落書きや破損などの被害を受けたケースは、最近5年間で少なくとも25都府県で計45件確認されていることが読売新聞の調査で分かった。


 大半が屋外にある建造物で、国宝へのいたずらもあった。自治体からは「手口が悪質化している」との指摘が出ているが、文化財は保護とともにできる限り公開することが求められており、管理の難しさも浮かび上がっている。

 調査の対象は、全国47都道府県の教育委員会。2003~07年に国指定の重要文化財や登録文化財、史跡、都道府県指定の文化財が傷つけられた事例を尋ねた。被害があったと回答したのは東京、大阪、秋田、奈良、岡山など25都府県。03~05年は年4~8件だったが、06年は14件に増え、07年も9件だった。

 計45件の被害の主な内訳は、落書きが24件、破損が10件、放火が4件で、仏像の盗難や遺跡の盗掘もあった。8割が屋外にある建造物で、国宝も3件含まれている。摘発されるなど文化財を傷つけた人物が特定されたのは7件にとどまった。

 被害事例では、07年8月、香川県の「丸亀城天守」(国指定の重要文化財)で、窓の格子に古くぎが打ち込まれ、漆喰(しっくい)の一部がはがれ落ちた。新潟市の「萬代橋(ばんだいばし)」(同)では同月、カラースプレーによる落書きが6か所見つかった。萬代橋は日本橋に次いで重要文化財に指定された国道橋梁(きょうりょう)として知られる。

 独特の二重らせん構造が有名な福島県会津若松市の「旧正宗寺三匝堂(しょうそうじさんそうどう)」(通称・会津さざえ堂、同)でも、出口部分の壁や戸に多数の落書きが確認された。

 被害の傾向について、多数の文化財を抱える奈良県教委は「大胆かつ悪質化している」と分析する。法隆寺では06年2月、仏像が盗まれた際に鎌倉時代に建てられた国宝「西室(にしむろ)」の木製格子6本がのこぎりのようなもので切り取られた。名古屋城の「東南隅櫓(やぐら)」(国指定の重要文化財)が同4月に落書き被害にあった愛知県教委は、「愉快犯の割合が増えている」と言う。

 1950年施行の文化財保護法は、文化財の保存と活用を図ることを目的とし、文化財の所有者に、「可能な限り公開するなどの文化的活用に努めなければならない」と求めている。

 複数の教委は「文化財を非公開にすることはできず、防犯対策は限られている」と話しており、「巡回・点検の強化」や「注意看板の設置」などの対応を取っている所が多い。
(2008年1月25日03時08分 読売新聞)



とのことですが、この矛盾は何なんでしょうかね・・・。と読売新聞の人たちは
思わなかったのでしょうか。どういう調査をしたのかわかりませんが、93%は
絶対無いなあと思います。「非常に誇りに思う」と答えた人は55%。
僕のまわりですら半数の人がこう答えるのか、日本。
右派が圧倒している世の中なのだろうか。
僕には右派も左派も無い日本に見えて仕方ないのですが。
以上、小言コーナーでした。

(日本の音楽には非常に誇り(誇りって言葉は違うと思うけど)を感じますよ)
[PR]
by recommuni | 2008-01-25 15:49 | 雑記

12日(土)-climb the mind東京ライブ-

2008/1/12(sat) 渋谷LUSH
■Open 18:00 / Start 18:30 ■Advance 2000 / Door 2300 (+1D)
Air Raid vol.75
LIVE :
help me(名古屋)
climb the mind(名古屋)
africaeamo(pre.tacobonds)
BEEHIVE
smell
s-explode


STIFF SLACKから4月頃にリリースされるclimb the mindが1年半ぶりに東京ライブ!
メンバーのみなさんが働きづめ?なためなかなか遠征できないバンドなだけに本当に
貴重なライブになりそうです。予定のあいている方はぜひ行きましょう。
help meも大変楽しみです。チケット予約は僕でも可能(伝えておきます)なので
お気軽にどうぞ。9月に名古屋まで見に行きましたが、不思議な感覚、切なさ、
言葉の響きなどが同居したライブは何とも言えないものがありました。
新作は45分を超える大作なようでとても楽しみです。
[PR]
by recommuni | 2008-01-09 15:31 | 雑記

民主主義とは

僕はドキュメンタリーが好きなんですが、昨日24:10からNHKで「民主主義」という
ドキュメンタリーがやってました。昨日はブットが暗殺されたパキスタン編で、
ムシャラフ大統領へのインタビュー中心に構成されていました。
パキスタンも物凄く複雑で10%くらいしか理解出来なかったかも。
パーティーを楽しんでいる若者の話は興味深かったなあ。
次のインド編はガンジーの塩の道を辿りつつ、インドの発展などがどうなっているか、
貧富の差などが映し出されていましたが、やっぱりインド、パキスタンや発展途上国の
中心部では英語が主流なんですね。貧しい人たちは母国語でした。
これには驚いた。宗教対立で貧富の差が広がっていると捉えがちの人がいるかも
しれませんが、これらの国の中で紛争が起きる原因って僕らが作ってきたのだと思う。
つまり、発展途上国を支配してきた先進国の罪。
顕著なのがイギリス。日本も勿論ひどいことをしてきた国だけど、
イギリスの植民地政策でアフガニスタンのまわりが大混乱しているのです。
彼らは侵攻するだけしておいてササっと身をひいたもんだから誰が国を所有しているのか
わからなくなっちゃった。パレスチナとイスラエルがいい例かもしれません。


アップリンクから出ている「プロミス」というドキュメンタリー映画は1回見て欲しいなあ。
比較的安定していた2000年頃に撮られたドキュメンタリーで、イスラエルとパレスチナの
子供たちが一緒に遊ぶまでの過程や子供の話で構成されています。
小学生なのに彼らの思考の深さといったら・・・。僕なんか何て思考力の乏しい人間だろうと
思いました。それから第2次インティファーダが起きちゃうわけだけども。
世界はホントに複雑で人間の欲で人間が狂わされている。
学校では教えてくれないことがあまりにも多いこの現状もやるせないなあ。
日本人の政治への興味の無さはヤバいです。本当に。
そりゃ毎日忙しいし、遊ばなきゃいけないけども、もうちょっと世界に目を向けてみないと。
そして次の世代が負を背負わないように考えないと。


マニックスの曲でこんなのがあります。

"IF YOU TOLERATE THIS YOUR CHILDREN WILL BE NEXT"


今日でドキュメンタリー最後みたいです。2日からやっていたの知らなかった。
録画した人がいたらかしてください! 映像の世紀以来で良い番組だった。
これは再放送みたいで10月にBSで放送していたんだとか。
全く気付かなかったので見れてよかったです。

NHKのサイト
http://www.nhk.or.jp/democracy/index.html
[PR]
by recommuni | 2008-01-06 17:37 | 雑記