タグ:CURVE ( 2 ) タグの人気記事

大雪の中で

b0103784_13381432.jpg



b0103784_13384099.jpg




雪が深々と降る中、講演会は進みました。大きなトラブルも無く終了しました。
来てくれたみなさん、本当にありがとうございました。
写真は美術館の前にある芝生に積もった雪とせいじさん。
この日は東京でも3-7センチ程の積雪を観測したそうです。
交通機関は殆どのダイヤが乱れていました。東京人からすると大雪でした。
外に出るのも一苦労の中、出演者のみなさんは荷物を背負って会場まで
来てくれて、そして興味深い話や、よいライブ(ノンPA、ノンマイク)を見せてくれました。

無料観覧日でしたが、この天気のため美術館に来る人も少なくて、
僕が描いていた「一般のお客さんに見てもらう」という絵図からは程遠い状況でしたが、
それでも入場してくれた親子がいたりして、心が暖まったというか。

ちょっと感想----

肥沼くんはスライドを使って作品を解説してくれました。時間が少なかったのですが
見た人たちは何か感じたり引っかかったものがあったんじゃないでしょうか。

curveのゆうせいさんは輝ける世代のためにを演奏してくれました。
とても好きな曲なので思わずウルウルしてしまいました。ちょっと大げさな表現ですが。

赤い疑惑は長尾さんとトーク。今日のトーク内容の中では一番スムーズにいったかな。
内容も充実してました。映像も面白かったですし、ライブもよかった。新作楽しみ。

せいじさんは淡々とライブのみでしたが、沁みる。ジワジワと。ハイボールブルース最高!
見たことない人は一度体験してみてください。酒飲みながらがベスト。

最後にMOD LUNG。安原さんと大学が同じだったというハプニングあり、
矢田さんのカントリー話、メンバーの仕事の話と色々聞けました。

そして差入れカモン!という無謀な試みに応えてくださった方々に感謝。
ビール券、商品券(3000円分くらい)、図書カード(1000円3枚、500円2枚くらい)、
さくらやのポイントカード(300円分)、風俗店の会員証(池袋。笑)、さつま焼酎白波、
髪の毛が数本付いているマフラー(落し物?)、CD3枚、お菓子、ZINE(フリーペーパー)、
封の開いたマシュマロ(勿論1つづつ包装されていますが。笑)、はちみつ、
ベースの弦(何故か錆びている!笑。)、ギターの弦、などなど。ありがとうございます。

終演後に打ち上げ。ほぼくだらない話で終わりましたが、笑えた。
手伝いしてくれた3人ありがとう!ホント助かりました。
来てくれたみなさん、会場貸してくれた東京国立美術館の方々にも感謝しています。
そして次の日はまたもや快晴でした!笑
[PR]
by recommuni | 2008-02-05 13:40 | イベントインフォ

CURVE , miaou , SADDLES , +/- {Plus/Minus}

最近見て良さすぎたアーティストです。


■ CURVE (カーブ)

見たのは3回目ですか。四谷outbreakというかなり場所違いなライブハウス(ウチの近所
にカーブが来ると言う事で見に行った)、アウェイな対バン、CURVEの客は殆どゼロの中、
今まで見た中で一番の出来を提供してくれました。ようやく良さがわかったという感じ。

実はVoのゆうせいさんが大のmanic street preachers好きということを知っていて、
僕も卒業論文に登場させるくらい大のマニックス・マニアなもんですから親近感を勝手に
感じていて期待を寄せていたのですが、ライブにギタートラブルが多くて、そこまで「おおっ」と
思えないライブが続いて。アウェイすぎたのかoutbreakはホント良かった。
bluebeardばりとはよく言ったもので・・・。というかホント美しさの中にバーストするものを見た。

とにかくあの客の少なさ&CURVEを知っている人がゼロに近いのにCDががっつり売れていたのが
何よりの証拠。確かにこの日も最後の曲でギターが鳴らなかった点が痛かったけれども
素晴らしいライブだったっす。ゆうせいさんとも面識を持てて、「ぜひともマニックスナイト開催!」
と熱い暑苦しい誓いを交わしたのでした。


■ miaou (ミアオウ)

Hue & Thomason Sounds Nightにて。正直言うとZucchini Driveを見に行ったのです。
miaouは3回見ていて、好きな部類だけど物足りなさを感じておりました。
だが・・・、半端なく良くなっていました。Newアルバム未聴なんですけど、素晴らしいんだろう。
絶対。この日やった1、2曲目がホントよかった。「冬のインスト」になっていました。
要はExplosions in the skySaxon Shoreなどの質感を持っていました。
繊細さ、悲しげだけど光の差し込むメロディ。僕はこれが好きなんです!!
あと分かりやすさね。


■ SADDLES (サドルズ)

STIFFEEN RECORDS & MOD LUNG presents 『STIFF MEETING』にて。
人が激少ないなか、悲しい限りでしたが3番手に登場して唯一アンコールまで起きたバンド。
僕はMod lungのWeb Siteで気になってしまったバンドでした。このバンド、、、、
オルタナ・カントリーなんです!! もう激ハマりすぎにかっこよかった。
Ryan AdamsWilcoThe Bandなんかに代表されるアメリカン・カントリー・ロックを彷彿とさせ、
むしろそれらよりキマッていたかも。とにかく必見。しかもギターの人がギターやくざだった。
ギターやくざとはハイスタのKen YokoyamaがDEREK AND THE DOMINOS時代のクラプトンを
指して言った言葉である。勿論クラプトンはこの時期が最高なんだ。
日本にこんなバンドが他にもいたら教えてください。


■ +/- {Plus/Minus} (プラスマイナス)

信じられないかもしれませんが、僕は日本で50番目以内に+/- {Plus/Minus}が好きで、
日本で二年前に4回、昨年3回、今年は2回見てます。すごすぎっしょ。
ライブは客から、ついに今年はゲストへと成長を遂げました。これも& recordsレコミュニ
おかげです。& recordsホントありがとうございます。これからも応援し続けます…。

プラマイはロック・バンドの理想系ですね。マジに。ライブは一定のクオリティを保つし、
ロックの持ちえるエネルギーの解放の仕方も素晴らしい。加えて大胆なリズムと合唱も
出来るポップなメロディ。やっぱロックが好きでした。プラマイはサマソニとか出ても
余裕でやっていけると思う。売れて欲しいなあ。来年Newアルバムを出すらしいので
また来るでしょう! 毎年来るので。待ち遠しい!!!


------------------


最後までお付き合い頂きありがとうございました!!
[PR]
by recommuni | 2006-12-19 01:17 | 雑記