タグ:The Shut-Ups ( 1 ) タグの人気記事

[フリーダウンロード] シャラップス!


b0103784_2256151.gif



インディー・ロックDEグッド・ミュージック!
2000年代のサタデー・ナイトを体現する魔法のバンド、シャラップス!


FREE DOWNLOAD SONGS 12月11日~12月18日(一週間限定です。お早めに!)


b0103784_22562823.jpg



The Shut-Ups


The Shut-Ups(シャラップス)、今、アセンズで
もっともシニカルなバンド。
例えば、Sparks、The Del-Fonics、Prince、Nick Lowe、
They Might Be Giants、
Leonard Bernstein。別に誰の影響を受けたという
訳じゃないけどね、と前置きしつつボーカルのDonが挙げた
ビッグ・ネーム達。シニカルな彼だからこそ、
こんなビッグネームが出てきた時は要注意。
さらに彼は云う。ヒット・チャートに登場するような音楽こそ
むしろ最も尊敬すべき音楽なんだよ。


彼らのホーム、アセンズ。


とても不思議な魅力に満ちた街。メイン・ストリートには
小さな(しかし尊敬すべき)レコード・ショップが数軒ばかり
道を隔てて建っている。 HHBTMのレーベル・オーナー、
Mike Turnerもその中の1軒、Wuxtry Recordsで
実に周到なセレクトを慎重なインデックスの中に揃えている。
Jonathan Richmanが愛して止まないオーガニックな
レストラン"GRIT"。B-52's、REM、of Montreal、
ポップ・ミュージックの隙を縫うようにしてチャートに
送り込まれた不思議なバンドを生み出し続ける
ライヴ・ハウス40watt。


魅力溢れる街、アセンズ。


よくさ、ひねくれたポップスっていう言い方あるじゃない?
ポップスはさ、ひねくれてるものなんだよ。そう思わない?
んー、すごく分かる(笑) 彼はもはや一周も二周も
しちゃったヤツなのだ。ok! ok! 分かるよ。
本当はひたすら音楽が好きなんだけれど、
でもそれを言っちゃあ元も子もない。
そんなにカンタンに全てをさらけ出す訳にはいかない。
アセンズでもっともシャイ、もっともシニカルな
Don Condescending。

興味本位をひらりとかわして(ただし、とても慎重に)
作り上げたThe Shut-Upsの今回のアルバムは、
もしかしたらポップスを何周もした末に辿り着いた
ビッグ・ネームに捧げるアルバムかもしれない。
Imaginary Dancer、内省やアイロニーも喚起するタイトル。
三沢マサノリ(LIKE THIS PARADE)(ライナーノーツより抜粋)




フリーダウンロードは3曲!!今すぐチェック!!

[PR]
by recommuni | 2008-12-11 22:46 | 新着配信